採用への近道

スタッフトーク STAFF TALK

「働き方座談会」
「定時で仕事を終わらせる」
デザイン事務所の働き方への挑戦
暗黙の了解で、残業が当たり前という事務所が多いこの業界。
でも、コムデザインラボでは2016年夏から
「ハチエイチ PROJECT」という、"定時に仕事を終わらせる"ための
知恵と英知でチャレンジする8時間プロジェクトに取り組んでいます。
若き女性デザイナーたちの挑戦と、コムデザインラボならではの働き方を探ります。
WRITER
フリーライター ゴトウ
フリーライター ゴトウ
名古屋・岐阜で活動するフリーライター。情報誌の編集などを7年経験したのち、27歳でフリーに。フリー5年目で結婚。先日出産を経験し、今後の自らの働き方について真剣に考える日々。
KOM MEMBER
スタッフ イシバシ
マネージャー・デザイナー スタッフ イシバシ
スタッフの中で最も古株、入社4年目の28歳。以前は傘屋さんで企画デザインを担当。現在はデザイナーとして仕事をこなしつつ、マネージャーとしてスタッフの労働環境にも目を光らせる。
スタッフ ヨコイ
デザイナー スタッフ ヨコイ
某カフェのインハウスデザイナーとして、さらにアトリエ系デザイン事務所で働いた経験を活かし、KOMでもデザインを担当。入社の後に結婚し、名古屋市外へ引っ越した。現在29歳。
スタッフ サトウ
アシスタントデザイナー スタッフ サトウ
Webの制作会社から、スキルアップのために転職した25歳。グラフィックデザインにも興味があり、現在はアシスタントデザイナーとして働きながら、いろいろなスキルを吸収している。
スタッフ オガサワラ
アシスタントデザイナー スタッフ オガサワラ
東京の設計事務所で、何百枚もの図面を書いてきた経験の持ち主。オーナーさんと二人三脚で行う店舗ブランディングに憧れ、KOMに入社。入社と共に地元である愛知に戻ってきた、24歳。
No.2
異なる経験を積んで、KOMへ辿り着いた4人
「もっとデザイナーになりたい」
デザインへの憧れと希望を抱いて転職

そうそう、KOMの新プロジェクトの話の前に、
みなさんの今までの経歴と働き方について、
お聞きしてもいいですか?
プロジェクトの話は、そのあとにゆっくり。
4人とも、転職でKOMへ入社したって聞きました。
今まではどんなところで働いていて、どんな経緯でKOMに?

学生時代にインターンでお世話になっていた会社に
タカギさんが働いていたので、
タカギさんとはその時からの知り合いでした。
専門学校を卒業後、
傘のメーカーに企画・デザイナーとして入ったんですが、
傘メーカーを辞めてニートになったときにタカギさんから
「よかったら手伝いに来てよ」と声をかけていただいて。
私も就職先をちゃんと決めたかったので、
その流れでKOMヘ入社することになりました。

傘のメーカーは、なぜ辞めることに?

一番歳が近くてもひと回り上の先輩という、
年齢層の高い、古い会社で。
デザイナーは私一人。
一応「企画・デザイナー」という肩書きだったんですが、
基本的に新しいデザインよりも、
売れるデザインのコピーばかりしているという感じでした。
当時はまだ私自身若かったのもあって、
刺激を求めていたのもありますね。

もっといろいろ力を出せるとこで働きたい!ってこと?

その当時は「デザイナーになりたい!」
っていう欲が強かったです。
もちろん、みんなが知っているような有名な仕事を
任せてもらえて、いい経験もさせてもらいましたが、
自分が「デザイナーだ」という自信は、
まだあまりなかったんです。
街中で自分のデザインした傘を見かけるたびに、
嬉しさとやりがいは感じていました。

ただ、傘のデザインが、基本的に一般大衆向けのもので、
「誰に向けてデザインしてるのか」という問いかけを
いつも自分にしていました。
1度自分のデザインした傘が捨てられていたのを見て、
一般大衆向けではなく、
もっと目の前のその人に向けたデザインがしたいという
思いが強くなり、辞めることにしました。

ヨコイさんは、KOMに入る前はどんな会社に?

大学卒業後、まず、カフェをメインに飲食業を多店舗経営
している会社の内部デザイナーとして働き始めました。
そこでは、新店舗のロゴ作りやメニュー作り、
販促物制作をしていました。
1年くらい働いてましたし、
自分の仕事が世に出るのはとても嬉しかったのですが、
目的が「この会社が気に入るもの作る」ことに
寄っているような気がしてきて。
「私って本当にデザイナーって胸張って言えるのかな?」って
疑問もあって、
そこは辞めることにしました。
次は、グラフィックデザイン事務所に入ったんです。

そこでやっと「デザイナーになれた」実感が?

はい。
みっちりと勉強をして、いろんなデザインを経験しました。
仕事はハードで、残業も徹夜も当たり前の職場でしたが、
全然苦に感じなくて。
それよりも、仕事を任せてもらえることやスキルアップが
できていることが嬉しかったんだと思います。

なるほど。
若くて、身を粉にして働いてた時代…。
私にもあったなぁ。

やっぱり、ありますよね(笑)。
その事務所の仕事は大きな案件も多くて。
自分が手がけたものをいろんなところで見かけることも
あったので、達成感は大きかったですね。
そこで3年間働いたら、なんだかお腹いっぱいになっちゃって。
デザイナーを満喫して、辞めました。
そのあとKOMを見つけたんです。

どうやって見つけたんですか?

Webで見つけたのがきっかけです。
次もグラフィックデザイナーとして働くか、
違うことにチャレンジしてみるか、
迷ってたときに偶然見つけたんです。

どんなところに魅力を感じました?

2つ目の会社の時に、
大きなクライアントさんの大きな仕事が多かったので、
私が直接お客さんと話す機会がないまま、
あっという間に仕事が終わっていく感じだったんです。
お客さんが喜ぶ顔も見てないし、
反響もいまいち実感がわかない状態。
「デザインの仕事をしながら、
もっと自分の目で見て聞いて、
お客さん近い距離で直接関わり合いたい」
と思ったのが一番の理由でした。

なるほど。
でも当時は店舗設計とかの経験はなかったんですよね?
不安はなかったんですか?

以前の会社で、設計担当の人と組み、
お店のブランディングをする仕事がありました。
その時の記憶から
「あ、私こういうことがしたいのかもしれない」って気づいて。
お店のことを1から考えてブランディングをして、
かつ、お客さんと直接話をしながらいいものを
作っていきたいって思ったんです。

それでKOMに入りたいと思ったんですね。

はい。
オーナーさんと直接コミュニケーションを取りながら
お店のブランディングを次々と手がけているのは、
KOMのブログや実績を見て知っていたので、
とても魅力的でした。

KOMのサイトリニューアルが
2人の女性の背中を押した?
では、サトウさんは、どんなきっかけで?

私は今年の7月に入社しました。
専門学校卒業後、IT企業に就職しました。
Webデザイナーとして3年間、
Webのデザインばかりやってました。
入社して2年目くらいに
「3年間働いたら、転職しようかな…」って、
ぼんやり考えはじめたんです。

転職を考えたきっかけは?

大きな企業で完全に分業制だったので、
このままだとWebデザイナーとは言え、
幅広くできないままだと思って。

成長できる環境ではなかった?

もちろん入社した当時と比べると、成長できたと思います。
でも、Webデザインの世界を知れば知る程
「もっといろんなことやりたい」
「できるようになりたい」と思って。
あと、Webデザインの経験を積むことはできたんですが、
グラフィックデザインにも興味がありました。
「名古屋でないかな?」と思って探してたら、
KOMのサイトを見つけたんです。

KOMのサイト、ヒット率高い!(笑)

サイトの内容やブログを見てると、
KOMのスタッフさんはグラフィックも
Webも手がけてるみたいだし、
それだけじゃなく撮影とか店舗設計にも携わったりって、
いろんな分野で活躍されてるのが羨ましくて。
ここならいろんなこと学べるんじゃないかなって
興味を持ち始めて、
1年くらいはただひたすらブログやサイトの更新を
チェックする毎日でした(笑)。

ずっと、「いいなー」って、眺めてただけってこと?

はい(笑)。
でも、5月にKOMの求人ページがリニューアルされて。
もちろん、その前から求人もずっとチェックはしてたんですが、
大幅に募集内容が変わった瞬間に「ヤバイ!」と思って。
すぐ応募しました。

ライバルに先越されちゃう!って?
はい(笑)。
なんと!こんなところにリニューアル効果が!
バッチリ効果出てますね。
リニューアルが一人の女性の人生を変えちゃった!
私も。
採用ページがリニューアルした時に、背中を押された一人です。
ここにも!

私も佐藤さんと一緒で、
リニューアル前からブログはチェックしてました。
たくさん応募があったみたいだし、
KOMに入れるスタッフって、
本当にひと握りなんじゃないかな?とか、
絶対落ちるんじゃないか?とか。
そもそもタカギさんに会ってもらえないんじゃないかとか…。
不安要素は多かったんですけど。

そう。わかります。私も、絶対受からないと思ってました。
えっ!うち、そんな敷居高くないよ?

でも確かに、ブログとか読み込んでる人ほど、
入社やインターンを志望してる人の多さとか、
KOMの人気度とか感じてると思いますよ。
外からだとそういう風に見えるっていうのもわかる気がする…。

そうそう。そうなんです。
そっか~。なんか、意外でした。
じゃあ、オガサワラさんも、
WebきっかけでKOMを知ったんですか?

はい。
私は専門学校卒業後、東京で百貨店とかの
化粧品ブースを作ってる設計事務所に入って、
1年くらい働いてました。
当時はひたすら図面を書く毎日で。
いい経験にはなりましたが、
そのうち「自分のやりたいことと違うかも」って
疑問に思うようになって…。
ある時、人間関係もうまくいかなくなっちゃって、
体調も崩してしまったんです。
それが原因で、入社1年半くらいで辞めることになりました。

その後は?

今度は違う業界で働こう!と思って、
東京駅の近くにあるおしゃれなラーメン屋さんで
働き始めました。
そこは店の雰囲気も明るくて、
働くのが楽しかったんです。
居心地が良かったので
「ここでずっと働いてもいいな!」って
一時期は思ってたんですが…。
先のこと考えた時に、ちょっと疑問に思えてきたんですよね。

疑問?

この先10年、20年、
ずっとラーメン屋で働いていていいのかな?って。
設計の仕事に未練がないと言ったら嘘になるし、
どこかいいところないかな?って
探してた時に見つけたのがKOMだったんです。
ずっと東京で働いていましたが、地元は愛知ですし、
このタイミングで戻ってもいいかも…って思いながら、
コツコツとブログをチェックしてました。
でも応募する勇気はなく、
眺めてるだけの日々が続きました(笑)。

あ、サトウさんと同じだ!(笑)

だって、「即戦力募集!」って書いてあるんですよ。
KOMの実績とか、スタッフさんの活躍ぶりを見てると
「私には無理かも」って思えてくるんです。
ですが、あるとき採用ページがリニューアルしてて。
そこで「応募しないで諦めるのはもったいない!」って思って、
落ちてもいいから一回応募してみよう!って思ったんです。

ほら、リニューアル効果!
すごいですね。リニューアル効果…!
少なくとも二人の若者の人生を変えたよ(笑)。

(笑)。
KOMには結構志望者からの問い合わせが来てるみたいなのに
タカギさんのブログ見てると、
面接してもらえるのは一握りっぽいし、
もしかしたら面接すらしてもらえないんじゃないか…って
不安でした。
でもよかったです、会ってもらえて。

それで無事に受かって、こっちに帰ってきたんですね。
はい。
みなさん、それぞれ異なる理由での転職ですが、
いろんな思いがあってKOMに来てるんですね。
働き方を真剣に考えるデザイン事務所で
一緒に働きませんか?
  • ENTRY
    今すぐ応募できる
    エントリー
  • Pre ENTRY
    働きながら
    KOMに程よい距離感で応募できる
    プレエントリー
  • スタッフトーク
  • プロジェクトストーリー
  • スタッフの声
  • 数字で知るKOM
  • 採用情報
  • 会社概要
この採用サイトを会話のネタにしませんか?