採用への近道

スタッフトーク STAFF TALK

「働き方座談会」
「定時で仕事を終わらせる」
デザイン事務所の働き方への挑戦
暗黙の了解で、残業が当たり前という事務所が多いこの業界。
でも、コムデザインラボでは2016年夏から
「ハチエイチ PROJECT」という、"定時に仕事を終わらせる"ための
知恵と英知でチャレンジする8時間プロジェクトに取り組んでいます。
若き女性デザイナーたちの挑戦と、コムデザインラボならではの働き方を探ります。
WRITER
フリーライター ゴトウ
フリーライター ゴトウ
名古屋・岐阜で活動するフリーライター。情報誌の編集などを7年経験したのち、27歳でフリーに。フリー5年目で結婚。先日出産を経験し、今後の自らの働き方について真剣に考える日々。
KOM MEMBER
スタッフ イシバシ
マネージャー・デザイナー スタッフ イシバシ
スタッフの中で最も古株、入社4年目の28歳。以前は傘屋さんで企画デザインを担当。現在はデザイナーとして仕事をこなしつつ、マネージャーとしてスタッフの労働環境にも目を光らせる。
スタッフ ヨコイ
デザイナー スタッフ ヨコイ
某カフェのインハウスデザイナーとして、さらにアトリエ系デザイン事務所で働いた経験を活かし、KOMでもデザインを担当。入社の後に結婚し、名古屋市外へ引っ越した。現在29歳。
スタッフ サトウ
アシスタントデザイナー スタッフ サトウ
Webの制作会社から、スキルアップのために転職した25歳。グラフィックデザインにも興味があり、現在はアシスタントデザイナーとして働きながら、いろいろなスキルを吸収している。
スタッフ オガサワラ
アシスタントデザイナー スタッフ オガサワラ
東京の設計事務所で、何百枚もの図面を書いてきた経験の持ち主。オーナーさんと二人三脚で行う店舗ブランディングに憧れ、KOMに入社。入社と共に地元である愛知に戻ってきた、24歳。
No.7
スタッフ4人が目指す「これからの働き方」
「仕事を任せてもらえる一人前のデザイナーになる!」
(オガサワラ・サトウ)

最後に、今後のみなさんの目標や夢、教えてください。
じゃあ、オガサワラさんから。

まずは一人前になりたい。
一通り自分で設計できるようになりたいという目標で、
今は必死です。
最終的には、KOMの仕事を
東京でしたいと思ってます!

KOM東京支店のリーダー的存在?

そうなれるには、まだ時間がかかりそうですけど、
KOMの一員として、オーナーさんと近い距離感で、
このやり方で東京でもやっていけたらいいなって思ってます。
そのために、まずは一人前になることです!

期待の星ですね!
頑張ってください。では、サトウさんは?

アシスタントとしてまずちゃんと
仕事をこなしたいということですね。
いろんなことをやってみたい。
グラフィックデザインもやりたい!と
キャリアアップも見据えて入社したので、
これからもどんなことにも恐れず挑戦していきたいです。

コムなら、いろんなチャンスがありそうですね。

はい。
今はいろんなことをやらせてもらってるし、とても楽しいです。
過去の私は「これ苦手だから…」って
逃げ腰になることもあったので、
そうじゃなくて、とりあえずできることにはチャレンジして、
何でもこなせる一人前のデザイナーになりたいなって思います。

「KOMで働くスタッフのために」
目標は“働きやすい環境づくり”

では、ヨコイさんは?

KOMは、「女性も働きやすい会社」だと思うんです。
だから、私がその理想的な前例を作りたい。
「デザインの仕事をしながら、結婚も出産も、
仕事もこうしてできるんだ」って
希望を持ってもらいたいんです。

そのいい例になれたらと思ってますし、
KOMならきっとできる気がしています。
それが、女性スタッフとしてのひとつの目標です。

そう、きっとKOMならできる!って
私も思います。

あともうひとつ、デザイナーとしては、
もっとお客さんの気持ちが汲み取れるデザイナーになりたい。
小手先のデザインがうまくなりたいわけじゃなくて、
オーナーさんと直接話して
ブランディングができるKOMだからこそ、
もっと相手の気持ちや想いを汲み取って、
かゆいところに手がとどくようなデザインが
できるようになりたいと思っています。

KOMならではの展望ですよね。
では、最後にマネージャーに締めてもらいましょう!

プレーヤーとしては、
もっともっとデザインがうまくなりたいとずっと思ってます。
そして最近はマネージャーとしても、
社内の働く環境がもっと良くなることが目標。

プレーヤーとして、マネージャーとして。
ふたつの目標ですね。
社内の働く環境について、そう考え始めたのはいつからですか?

マネージャーになってすぐは、
正直プレッシャーしか感じられなくて、
今みたいな気持ちで関われてなかったかもしれないです。
この「ハチエイチ PROJECT」を始めるくらいから、
「働くスタッフ」のことを意識するようになりました。

顧問さんから
「例えばタカギさんとスタッフが川の対岸にいるんだったら、
イシバシさんはタカギさんのほうに渡らなきゃだめ」って
言われたこともあって。

タカギさん側の目線で、
スタッフのマネジメントが必要、だと。

はい。
スタッフ側の立場も持ちつつ、
タカギさんと同じ目線からスタッフを見れるのは
私しかいないんだ、って気づいたんです。
だからこそ、私にしかできない関わり方が
あるんじゃないかなって思い始めて。

社内の環境とか、会社としてどうしていくのがいいかとか、
最近はそういうことを考えるようになりました。

タカギさん一人ではできないこと、
スタッフだけでは実現しないことも、
イシバシさんだからできることって、
たくさんありますよね、きっと。

私、これが始まったくらいに
イシバシさんが変わったなって思ってたんです。
それまでもちろんマネージャーだったんですけど、
どっちかというとスタッフ寄りの立場で。

スタッフリーダーみたいな?

そう。
でも今は、タカギさん側なんだけど、
私たちにも近い、絶妙な距離感。
こっちにも来てくれるし、橋渡しもしてくれるので、
私たちが仕事しやすい環境を作ってくれています。

でもそこでタカギさん側にあまりに寄りすぎちゃうと、
スタッフが意見を発しにくい環境になっちゃう心配もあるので、
そのあたりは距離感を保ちながら、
働く環境を私なりに整えていきたいなって思ってます。

たまにこっちきたり、あっち側いったりしながらね。
でも、こうして聞いていて、とてもいい環境で、
みんなでいろんなものを共有しながら
働いているんだなってことがわかりました。
「ハチエイチ PROJECT」はその一環。

これからも、心地よい労働環境の中で、
素敵なデザインをたくさんしていってください!

今日は、ありがとうございました。

働き方を真剣に考えるデザイン事務所で
一緒に働きませんか?
  • ENTRY
    今すぐ応募できる
    エントリー
  • Pre ENTRY
    働きながら
    KOMに程よい距離感で応募できる
    プレエントリー
  • スタッフトーク
  • プロジェクトストーリー
  • スタッフの声
  • 数字で知るKOM
  • 採用情報
  • 会社概要
この採用サイトを会話のネタにしませんか?