採用への近道

スタッフトーク STAFF TALK

「働き方座談会」
「定時で仕事を終わらせる」
デザイン事務所の働き方への挑戦
暗黙の了解で、残業が当たり前という事務所が多いこの業界。
でも、コムデザインラボでは2016年夏から
「ハチエイチ PROJECT」という、"定時に仕事を終わらせる"ための
知恵と英知でチャレンジする8時間プロジェクトに取り組んでいます。
若き女性デザイナーたちの挑戦と、コムデザインラボならではの働き方を探ります。
WRITER
フリーライター ゴトウ
フリーライター ゴトウ
名古屋・岐阜で活動するフリーライター。情報誌の編集などを7年経験したのち、27歳でフリーに。フリー5年目で結婚。先日出産を経験し、今後の自らの働き方について真剣に考える日々。
KOM MEMBER
スタッフ イシバシ
マネージャー・デザイナー スタッフ イシバシ
スタッフの中で最も古株、入社4年目の28歳。以前は傘屋さんで企画デザインを担当。現在はデザイナーとして仕事をこなしつつ、マネージャーとしてスタッフの労働環境にも目を光らせる。
スタッフ ヨコイ
デザイナー スタッフ ヨコイ
某カフェのインハウスデザイナーとして、さらにアトリエ系デザイン事務所で働いた経験を活かし、KOMでもデザインを担当。入社の後に結婚し、名古屋市外へ引っ越した。現在29歳。
スタッフ サトウ
アシスタントデザイナー スタッフ サトウ
Webの制作会社から、スキルアップのために転職した25歳。グラフィックデザインにも興味があり、現在はアシスタントデザイナーとして働きながら、いろいろなスキルを吸収している。
スタッフ オガサワラ
アシスタントデザイナー スタッフ オガサワラ
東京の設計事務所で、何百枚もの図面を書いてきた経験の持ち主。オーナーさんと二人三脚で行う店舗ブランディングに憧れ、KOMに入社。入社と共に地元である愛知に戻ってきた、24歳。
No.5
仕事の質を高める“勝利”を意識する
毎日の「勝敗」の考え方でに
スタッフ全員が前向きに取り組む!

取り組みがこうして始まって、
現状の結果はどうですか?

先週は「15勝5敗」でした。
毎週、スタッフ4人で勝敗を数値化してます。

「何勝何敗」っていう考え方なんですね!

はい。全員毎日19時に仕事が終われたら「20勝」。

「19時に仕事が終われたら勝ち!」っていう、
そもそもの設定がいいですよね。

前の職場の時には「早く帰ってるってことはヒマ…?」
という考えが漂っている感じがしてて…。
それが今は、
「19時に終われない=仕事が遅い」っていう
逆のイメージになってるんですよね。

なるほど!

「計画通りに仕事が片付けられた」という事実が
19時に仕事を終えることにつながり、
それを「1勝」って数えてもらえるのが嬉しいです。
仕事の自信にもつながります。
私自身はまだ勝率が低いので、
もっと頑張らなきゃって思ってます。

取り組みが始まってから、
仕事のやり方や考え方は変わりました?

「はい。デザイン作業は会社でしかできないから、
アイデア出しとかは通勤電車の中でふわっと考えたりしてます。
そうすると、会社についてすぐ作業ができるので。

会社にいる時間に限りがある分、
自分の中で時間の使い方が変わった気がしますね。
どうしても仕事が終わりそうになくて不安なときは、
朝、少し早く出社したりってことも、たまにありますし。

早く帰る日が少しずつ増えて、
夕飯のおかずの数が増えました(笑)

では、ハチエイチプロジェクトをやり始めて、
私生活で変わったことは?

夕食のおかずの品数が増えました(笑)。
終電で帰ってたときは、
家に着いてから夕食を作って、食べて…。
寝るのが2時や3時…っていう生活だったんです。
もちろんおかずは1品。

早く帰れた日は?

私のほうが主人より早く帰れる日は、
2品、3品とおかずを作って、
帰りを待ってあげられるようになったのが嬉しいです。

私も、それまでは本当に寝るためだけに
家に帰ってた感じでしたけど、
早く帰れるようになって、帰ってから自分のことが
少しできるようになりました。
家族と顔を見て話す時間が取れるようになったのは
大きいなって思います。

ご家族も喜んでるんじゃないですか?

はじめのうちは、「え!今日早いね!」って、
珍獣でも見るような反応されましたよ(笑)。

(笑)。でも本当に、自分の時間が取れるって素敵。

夜、テレビを観るようになったし、
ちょっとした運動したり、美容にゆっくり時間使ったり…。
いままでもやりたいことはたくさんあったんですが、
とにかくそれよりも寝るのが優先!っていう生活だったので、
ちょっとした自分の時間がゆっくり取れる生活っていいな、
と感じています。

私も最近、夜早く帰って
たまにテレビ観るようになったんですけど、
ゴールデンタイムのCM見てると勉強になることもありますよね。

それ、わかります~!

「ここのCMうまいな」とか、「いいコピーだな~」とか。

あれ、思った以上にいいインプットになるとき、
ありますよね。

サトウさんやオガサワラさんは、
実際に入社当初からこの取り組みに参加してみて、どうですか?

以前の会社を、体を壊して辞めたのもあって、
KOMへ入社が決まった時も
「前と同じ状況にはなりたくないな」って思っていたんです。
もしも、また同じことになったら、
次こそこの業界に戻ってこれないんじゃないかっていう
不安もあったので…。

まだ挑戦は始まったばかりなので、
毎日必ず早く帰れる、という状況ではないですが、
スタッフみんなで協力しながら取り組めるという環境は、
長く働くためにも、この業界に居続けるためにも、
とても大切なことだなって感じてます。

体力勝負でガツガツやれるのは、若いうちだけですしね。
サトウさんはどうですか?
現在の仕事量とか、どんな風に感じてますか?

「仕事が少なくて楽!」という感覚は、正直ないです。
でも、丸一日パソコンに向かって、
定時が来てもなんとなく帰りづらくて
ズルズル仕事しているよりは、
スタッフみんなできちんとスケジュールを管理して、
ギュッと凝縮して仕事をこなしている感じはします。

仕事の質が良くなっている証拠ですね。
すばらしい!

働き方を真剣に考えるデザイン事務所で
一緒に働きませんか?
  • ENTRY
    今すぐ応募できる
    エントリー
  • Pre ENTRY
    働きながら
    KOMに程よい距離感で応募できる
    プレエントリー
  • スタッフトーク
  • プロジェクトストーリー
  • スタッフの声
  • 数字で知るKOM
  • 採用情報
  • 会社概要
この採用サイトを会話のネタにしませんか?